MENU

消費者金融へ返済ができず自己破産を選んだ

給料日前にお金が足りなくなり、軽い気持ちで消費者金融のカードローンを利用するようになりました。借り入れ期間が短ければ利息も低くて済みますし、コンビニのATMで引き出せるので、その手軽さから頻繁に利用するようになりました。簡単にお金が引き出せるので、次第に金銭感覚が麻痺してしまい、気づいたときには借金総額が驚くほど大きくなっていました。

 

これは駄目だと必死で返済をするように努力しましたが、利息さえ支払うのが困難な状態です。消費者金融からは毎日のように返済を求める電話や封書が届くようになり、職場にまで電話がかかってきたときは限界を感じました。そこで利息を減らしてもらうなどの対処法はないかと弁護士に相談したところ、収入と借金総額を照らし合わせたら自己破産をすることをおすすめすると言われました。

 

自己破産は最後の手段だという思い込みがあったのでためらっていましたが、手続きをすることで得られるメリットもあることがわかりました。所有している高額な品物は手放すことになりますが、借金そのものが帳消しになって厳しい取り立てから解放されることが一番だと考えました。

 

そこで自己破産の手続きをして、クレジットカードは使えなくなりましたが、身の丈にあった生活ができるようになりました。