MENU

大阪で自己破産をしました

会社で嫌なことがあるたびにパチンコに通っていました。パチンコで大負けをしてしまい、お金を取り戻そうと思って毎日パチンコに通う様になりました。給料のすべてをパチンコにつぎ込むようになっていきました。それでも足りずに、消費者金融から借金を重ねました。何度も借金を重ねるうちに借金は400万円になっていました。

 

会社はすでに辞めてしまっていて、返すあてもなく途方にくれました。そのような時に救ってくれたのは兄でした。弁護士の所に連れて行ってもらい、全てを弁護士に話しました。自己破産の申し立てをしたらどうかといわれて直ぐに頼みました。兄に迷惑がかからないか不安でしたが、家族には迷惑がかからないという事を聞き安心しました。

 

裁判所に書類を提出して自己破産の申し立てをしなければならないと聞きました。書類なども、私では全くわからないので弁護士の方にお願いしました。その後免責許可が出て、無事に自己破産をする事が出来ました。本当にほっとしたのを覚えています。これからは絶対にギャンブルはしないと誓いました。

 

兄と弁護士の方には本当にお世話になりました。弁護士費用は分割にして貰ったので、頑張って働いて返していきます。

自己破産で人生をやり直しました

大学を卒業してから会社員として働いていましたが、営業職として採用されたので外回りの仕事ばかりを任されています。初対面の人と話すことが苦手だということもあり、営業の仕事は毎日が苦痛でしょうがありませんでした。ストレスがたまり、それを緩和するためにインターネットで買い物をするようになりました。

 

毎月10万円以上の買い物をカード払いでしているうちに、借金がかなり膨らんでしまいました。複数のクレジットカードを限度額まで利用し、さらに消費者生活にまでお金を借りるようになって自転車操業のような状態になりました。厳しい取り立てが始まり、自宅だけでなく会社にも督促の電話がかかってくるようになったので、勤め先でも借金をしていることがばれて肩身の狭い思いをするようになってしまいました。

 

もう限界だと感じたので無料法律相談を利用したところ、借金の総額が大きすぎるから自己破産をしたらどうかと言われました。自己破産という文字からのイメージは人生が全て終わってしまうような感じを持ちましたが、弁護士に説明をしてもらったら人生をやり直す一歩を踏みだすチャンスだと感じました。

 

そこで自己破産の手続きをして、もう一度自分の生活を見直すことにしました。車や家電製品など価値のあるものは手放すことになりましたが、厳しい取り立てがなくなったので良かったです。